ホーム > アルディージャ後援会とは > 本年度活動計画

本年度活動計画

平成31年度事業目標及び事業計画・予算

アルディージャ後援会(以下「本会」という。)は、プロサッカーチーム「大宮アルディージャ」を支援し、クラブ理念「スポーツを通じて夢と感動を分かち合える、より良い地域社会の実現に貢献します」を共に目指すことを目的に、平成31年度に次の事業を行う。



事業目標

クラブビジョンの具体化に向けてクラブと連携しつつ、後援会の組織・事業計画等の見直しを行いながら本会の事業を行う。



事業計画

1. 新スタジアム構想に向けた調査・研究への協力
  1. 先進事例等に対する調査研究の継続

2. 会員管理事業
  1. 会員拡大
    • 地域イベント、ホームゲーム等様々な機会を通じた積極的な会員募集の実施
      ・ 法人会員 平成31年度中、 190社
      (3万円 90社、5万円 80社、10万円 20社)
      ・ 個人会員 平成31年度中、 400人
  2. 会員特典ツール製作及び発送
  3. 会員交流
    • 会員相互及びクラブとの親睦・交流の促進

3. 青少年育成支援事業
  1. クラブ・アカデミー選手育成支援事業
  2. さいたま市サッカーのまちづくり推進協議会への参画
  3. 埼玉県・さいたま市の関連事業への支援
    • 「青少年育成埼玉県民会議」に賛助会員として参加(県)
    • 埼玉国際サッカーフェスティバルへの協賛(県) 
    • さいたま市成人式への協賛(市)
    • ボランティア連絡協議会への参加(市)
    • フットレリーフ設置事業への協賛(市)

4. 地域活動事業
  1. 夏祭り・区民祭り等地域イベントへの参加
    • 応援うちわ・ノベルティグッズの作成・配布、アルディージャシールの貼り付け等
  2. 大宮駅東口ロータリー花壇・芝生の管理
    • 花の植替えと芝刈り
    • 東京2020大会オリンピック・パラリンピックへの対応をさいたま市・大宮区と協議
    •   

5. ホームゲーム活動事業
  1. 「アルディー女」と「メッセージ旗」の継続実施
    • ホームゲーム時にクラブが実施する(仮称)「ガールズデー」に合わせ「アルディー女」を継続実施する。また、後援会ロゴ入りで後援会名入りの旗を作成し、激励の言葉等を書き入れてもらう「メッセージ旗」を引続き実施する
  2. アウェーチームのファン・サポーターに対するおもてなし歓迎旗等の設置
    • 大宮駅東口すずらん通り入口にアウェーチーム名入りの歓迎横断幕を設置
    • ナック5スタジアム大宮ゲート3(アウェーチームファンサポーター出入口)に歓迎看板等を設置
  3. ホームゲーム告知看板の管理
    • 大宮駅東口ロータリー内の告知看板にホームゲームの日時・対戦チーム名を掲出
    • 東京2020大会オリンピック・パラリンピックへの対応をさいたま市・大宮区と協議

6. 広報活動事業
  1. 広報紙の発行
    • 会員に対し、本会の活動状況の周知や理解促進のために発行・配布してきた。広報紙について、次号の春季号を最後に紙面による発行を終え、その後は本会のホームページでの発行・掲載へと移行する
  2. 後援会ホームページの運営・管理
    • 後援会ホームページにホームゲームへの参加を促す応援メッセージの掲載
    • ホームページの特性を生かした随時地域イベントでの活動内容等の掲載
  3. 広告宣伝協賛事業
    • 各種メディア等々への広告協賛など、様々な機会を通じたアルディージャ後援会のPRの実施

7. 渉外事業
  1. 行政・大宮商店街連合会などの諸団体との意見交換会
  2. Jリーグクラブ後援会、スポーツクラブとの交流

8. 選手激励事業
  1. 選手激励会の開催
    • 新シーズンに向けて、大宮アルディージャの監督、選手、スタッフを激励する会を地域団体の協力・協賛により開催する。
  2. 選手表彰
    • 選手の出場試合数を記念し、ホームゲームで花束の贈呈を行う。